搜尋
美容

高等刑事裁判所

by calmbiu 香港2 月前

、ギルマンは既に、アブドゥル・Suisse Reborn 好用 アルハザードの恐るべき『ネクロノミコン』、断片だけが残る『エイボンの書』、発禁処分をうけたフォン・ユンツトの『無名祭祀書』といった書物から、空間の特性ならびに既知の次元と未知の次元の繋《つなが》りにかかわる、自らの抽象的な方程式に関連をもつ、空恐ろしい手がかりを見いだしていたのだった。
ギルマンは自分の部屋が古安利傳銷 めかしい〈魔女の家〉のなかにあることを知っていた――事実、そのためにこそ、この部屋を借りうけたのだ。エセックス郡の記録には、キザイア・メイスンの裁判にかかわるものが豊富にあり、でキザイアがやむなく認めたことに、ギルマンはわけもなく魅了されてしまった。キザイアはホーソーン裁判官に、ある種の直線と曲線をもってすれば、空間の壁を抜けてそのむこうの別の空間に通じる方向を示せることを告げ、メドウ・ヒルの彼方に横たわる白い石のある小暗い谷や、河のなかの無人島で開かれる真夜中の集会で、そうした直線や曲線が頻繁に用いられることをほのめかしていた。また、〈暗黒の男〉と呼ばれる存在のこと、契約のこと、ナハブという自分の新しい秘密の名前のことも語っていた。そして独房の壁にそうした図を描き、そのまま消えてしまったのである。
ギルマンはキザイアにまつわる不思議なことを信じこみ、キザイアの住んでいたところが二百三十五年以上の歳月を経た後もまだ残っていることを知ると、妙に胸をときめかせたものだった。キザイアがあいかわらず古めかしい家や狭い通りにあらわれるとか、どこそこの家で眠った者に不規則な人間の歯形が残されていたとか、五月祭前夜や万聖節の夜が近づくと子供の悲鳴が聞こえるとか、五月祭や万聖節の直後には問題の家の屋根裏部屋に悪臭がかぎとれるとか、鋭い牙をもつ小さな毛むくじゃらの生物が朽ちゆかんとする家屋や街に出没して、夜明けまえの闇のなかで妙に人に鼻をこすりつけるとか、そういった話をアーカムの住民が声を潜めて話すのを聞くにつけ、ギルマンはどんなことがあってもその家に住みつこうと決心をかためたのだ。その家は評判が悪く、借家人がなかなか見つからず、金のかからない下宿屋になりはてて久しかったため、部屋を確保するのは造作もないことだった。ギルマンとしても、そこで何が見いだせると思っているかとなると、自分でも判然としなかったが、十七世紀の凡庸な老婆が何らかの事情からだしぬけに、プランク、ハイゼンベルク、アインシュタイン、シッテルによる最新の探究すらおそらく凌駕《りょうが》して、数学の深淵《しんえん》を洞察することになった建物には、どうあっても住みたいと思うばかりだった。
ギルマンはおよそ壁紙がめくれている箇所のすべてに目をむけ、謎めいた図形の跡はな楊婉儀幼稚園いかと材木や壁土を調べ、一週間とたたないうちに、キザイアが魔術をとりおこなったと思われる東側の屋根裏部屋を、どうにか借りうけることができた。そこはもともと空き部屋だった――誰も長く住みつこうとした者がいなかったからだ――が、ポーランド人の家主はその部屋を貸すことに用心深くなっていた。けれど熱にうかされるようになるまで、ギルマンには何事もおこらなかった。亡霊と化したキザイアが薄暗い廊下や部屋を軽やかに通りすぎることもなければ、小さな毛むくじゃらの生物がギルマンの陰鬱《いんうつ》な屋根裏部屋にしのびこん

calmbiu
名稱
電郵
留言
SalaD blog 發掘你的日誌,讓好 Blog 感染好生活