搜尋
美容

たのが見えたんだ

by calmbiu 香港1 年前

ばけものがまざまざと數碼化服務 描かれていた――にらみつけながらしゃぶり、しゃぶりながらにらみつけているばけものが。そしてわたしは知ったんだ。自然の法則がくつがえされたところで、人間があのようなものを、モデルなしに――悪魔に魂を売りわたしていない人間が絶えて見たことのない、地獄の世界を垣間見たのでないかぎりは――描けるはずがないということを。
キャンヴァスの空白部に画鋲でとめられている紙が、ひどく丸まってしまっていた――おそらくかなり誇張して、悪夢のように恐ろしい背景を描くつもりで利用するための写真だろうと、わたしは思ったよ。それで手を伸ばして、その紙を広げて見ようとすると、そのとき突然、ピックマンが撃たれでもしたかのように、びくっとし。ショックのあまりわたしのあげた悲鳴が、暗い地下室でいつにない反響をおこして以来、ピックマンは異常な熱心さで耳をすましていたんだが、それがいまでは、わたし自身のものとは比較にならないとはいえ、精神よりも肉体にかかわる恐怖に圧倒されているようだった。そして拳銃をとりだし、わたしに黙っているよう合図すると、アトリエにしている部屋から出ていって、ドアを後手に閉めたんだ。
一瞬、わたしは、体が凍りついたよう楊海成 になってしまったようだ。ピックマンが耳をすましていたのをまねると、どこかで何かがこそこそ走っているような音と、どことも知れない方向から、一連の鳴き声が聞こえるような気がした。わたしは巨大な鼠を思って身を震わせたよ。するうち、何か押し殺したような、うち叩く音がして、全身に鳥肌がたってしまった――こっそり手探りしているような音だったが、それがどういう音だったのかは、とても言葉ではいいあらわせない。重い木が石か煉瓦の上におちでもしたかのような音だった――その音からわたしが何を思ったか、きみにはわかるだろうか。
また音がして、今度はまえよりも大きかった。木がさっきよりも深いところにおちたかのような反響があったんだ。それにつづいて、耳ざわりな甲高い声がして、ピックマンがわけのわからないことをわめき、ライオンの調教師が効果をあげるためにはなばなしく宙に発砲するような、六連発の拳銃がすべての弾を撃ちつくす、耳をつんざく音がした。こもった鳴き声がして、うち叩く音がした。そしてまた木と煉瓦のこすれる音がして、すこし間があってから、ドアが開いた――正直いって、わたしは震えあがったよ。ピックマンが煙の出る武器を手にしてあらわれて、古い井戸にはびこるふくれあがった鼠のことを毒づいたんだ。
「奴らが何を喰っているか、わかるか、サーバー」ピックマンはそういって、にやにやdermes 激光脫毛笑ったよ。「あの古いトンネルは、墓場や魔女の棲家や海岸に通じているんだからな。しかしやっきになって出たがっているから、喰うものが何であれ、とぼしくなっているにちがいない。きみの悲鳴が奴らを刺激したんだろうよ。こういう古い場所では用心したほうがいいな――齧歯《げっし》類の友人たちはここの欠点の一つだが、雰囲気と彩《いろ

calmbiu
名稱
電郵
留言
SalaD blog 發掘你的日誌,讓好 Blog 感染好生活