搜尋
得意寵物

「俺は魔力量が少ない代わりに質が

by annachoi9093 1 年前

「俺は魔力量が少ない代わりに質が良いんですよ」


イヴは納得した顔で頷いた。量が少ない代わりに質が良いという者は、たまにいるのだ。サキカがその一人であっても、何らおかし 日本樓市 ない。それに、これもSクラスに編入された理由の一つであろうと、勝手に解釈してもらえるだろう。


「そうか……。しかしこれでは測定が続けられないな」


イヴの言葉にサキカはうなだれた。質測定器が壊れたのは、明らかに自分に非がある。こうなることは経験上、わかっていたのだから。


「あ、いや! 代わりが職員室にあるから気にするな」

「……申し訳ありません」

「気にするな! 今代わりを持って来るからな、席について待っていろよ」


謝るサキカにイヴは言い残し、教室を出ていく。申し訳なさで顔が上げられない。若干質の変わった皆の強い視線を受けながら、サキカは席に戻ったのだった。

椅子に座ったサキカの頭を、ガイアは撫でるように一度だけはたいた。彼なりの慰めであろうか。


暫くしてイヴが帰ってきて測定が再開され、その後は順調に進んで行き、特にハプニングもなく、測定は終わった。


「さて、今日はここまでだ。明日から授業が始まる。遅刻などないように」


イヴは丁度鳴った鐘の音と共に、教室を出て行った。生徒は席を立ち、三々五々散って行く。

 

annachoi9093
名稱
電郵
留言
SalaD blog 發掘你的日誌,讓好 Blog 感染好生活