搜尋
美容

ルターのかかったスク

by hdgfdjgklfj 3 星期前

をバッグのなかにつめこみはじめたら、どうなるんです均衡飲食 ?」 ケプラーは展望窓の外を指し示した。
「あのようになります」
 外では、星々が消滅しようとしていた。フィリーンでさえ透過してくるほどの、天にちらばる無数のまばゆい光点は、見ている間に、ゆっくりと消えていった。まもなく、残った星はごくわずかとなり、それらにしても、漆黒の宇宙を背景にしてさえ弱々しく光るだけの、鈍い色の光点に変わっていた。
 眼下の惑星もまた、変化していた。
 水星の表面から反射してくる光は、もはや熱くもまばゆくもなく、オレソジがかった色あいを帯びている。水星の表面自体は、いまやまっ暗だ。
 そして水星は、近づいてきつつあった。ゆっくりと、だがそれとわかる速さで、地平線が平らになっていく。〈ブラヅドペリ〉の高度がさがるにつれて、それまではぼんやりとしか識別できなかった地表の造作が、はっきり形をとりはじめた。
 大きなクレーターが口を開き、そのなかに、多数の小健營營養餐單 さなクレーターが見えるようになった。縁がぎざぎざの、小型クレーターのひとつへ船が降下ずるにつれて、その内側に、さらにそれよりも小さなクレーターがたくさんあるのがわかった。小さなクレーターのひとつひとつは、大きいものと同じ形をしていた。
 惑星の短い地平線が山脈の影に隠れてしまうと、遠近感がいっさいなくなった.降下がつづけられて何分たっても、下の地面は同じように見えた。船の高度がどれくらいなのか、どうやって識別できるのだろう? すぐ下にあるあれは山脈なのか、玉石なのか? 船はいまにも着陸しようとしているのか、それともあれは単なる岩なのか?
 もうすぐ地表のようだ。灰色の影とオレンジの露頭は、地面がすぐそこにあるかのような印象を与える。
 そうやって、いつ船が接地してもいいように心の準備をしていたジェイコブは、健營體重管理肝をつぶした。地面にぽっかりとあいた穴が急速に近づいてきて、船を呑みこんでしまったからである。

 

hdgfdjgklfj
名稱
電郵
留言
SalaD blog 發掘你的日誌,讓好 Blog 感染好生活